「評価中のアカウント」になりGoogle AdSenseでの広告配信が制限された話。初めての経験で焦りましたが、問題はなさそう…?収益はなくなるが…

ぶっちゃけ私のブログを見る人は非常に少ないです。たまにニッチな記事だと思って書いたのが、思いのほか見ている人が多いことがあるくらい。月間のPVだって6,000程度。

特化ブログというわけでもないですし、雑記ブログというには突っ込んだ話をしすぎている気がするような謎のブログなのが当サイトなわけです。一応のジャンルは様々なので雑記ブログのカテゴリーにはなるかもしれません。

そして、ある日こんなブログの運営主にある一通のメールがGoogle様よりやってきます。

広告の配信を一時的に制限しただと…

「????」これが最初の感想です。何があったんだと。

実は未だに原因ははっきりしていませんが、以前に「無効なトラフィックの問題」として一度AdSenseの広告配信の制限をされた記憶があります。

そのときは色々調べて居ると、GoogleAdSenseのクリックが同じIPから複数あったっぽいのでそれが原因かなぁという感じだったのですが、今回の一件に関しては調べてみてもそういうわけではないようです。

Google AdSenseで言うところの「無効なクリック」や「無効な広告インプレッション」に該当する何かというわけではないようです。

じゃあなぜ広告の配信を制限されにゃならないんだ!ということで色々原因などを調べてみました。

まあ結論を先に申し上げておきますと、原因の特定は困難で不明。Google側が不正防止のために処理フローや明確な理由を教えてくれないために、完全な理由の特定は困難になっています。

さて、調べてわかったことや私のケースを備忘録と、今後同じようなことがあった人のために残しておきます。

この記事は解決記事というよりは事例紹介と情報共有がメインになります。

目次

気づいたのは一通のメール

冒頭でも書きましたように、私が広告配信を制限されているのに気が付いたのは冒頭で紹介した一通のGoogleからのメール。

タイトルは「お客様の AdSense アカウントでの広告配信を一時的に制限しました」のあれです。

そう、タイトルは「無効なトラフィック」などと同じという恐ろしいタイトル。今回も何か同じ原因なのでは?なんて思ったりもしましたがどうも文面が違うような。

私に送付された文面をそのまま掲載します。

お客様

Google は広告エコシステムの健全性を保ち、広告主、サイト運営者、ユーザーの皆様を不正行為や利便性の低い広告から守れるように懸命に努めております。こうした取り組みの一環として、一部の AdSense アカウントにつきましては、そのサイト運営者様について調査しサイトのトラフィックの品質評価を行うために、表示できる広告数を一時的に制限させていただく場合がございます。つきましては、お客様のアカウントでの広告配信を一時的に制限いたしました。

対処方法

AdSense プログラム ポリシーを確実に遵守していただきますようお願い申し上げます。お客様のサイトのトラフィックは今後も継続的にモニタリングされ、自動的に配信制限の見直しと更新が行われます。通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もあます。正確な期間についてはお伝えいたしかねますので、何卒ご了承ください。

なお、今後このアカウントで無効な操作やその他の問題が確認された場合、さらなる強制措置が取られるか、アカウントが永久的に無効となることがあります。

現在のところ、お客様のアカウントは引き続き制限なくアクセス可能な状態ですので、アカウント単位のこの問題についてはポリシー センターで詳細をご確認いただけます。お客様のアカウントが AdSense プログラム ポリシーに準拠するよう、積極的にご対応いただくことをおすすめいたします。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。
Google AdSense チーム

「お客様の AdSense アカウントでの広告配信を一時的に制限しました」より抜粋

だそうで、今までの無効なトラフィックがどうこうみたいな下りではありません。文面通りに受け取るなら「トラフィックの品質調査を行う」ために配信を一時停止するそうですね。

一応AdSenseのポリシーセンターを見てみます。こんな表示になっています。

AdSenseページの表示

同じ文言が書いてあります。見やすくするためにこの部分を切り取っているので、横のステータスの部分を見てみます。

評価中のアカウントの表示

「評価中のアカウント」とのこと。やはりよく聞く「無効なトラフィック」とは何か別物の問題のようです。

実際に自分が自分の広告をクリックしたみたな悪いことをした記憶はないんですがねぇ…

広告配信の制限された原因を調べてみる

いや、だからと言って、広告を制限されているのに文面通り受け取って「はい、そうですか」と引き下がるわけにはいきません。

というよりも、以前に一度制限をされたときはしっかり理由があったびですから、理由があると思うんですよね。

「トラフィックの品質」ということはこのサイトに流入してくる手段みたいなのが関係あるんじゃないかと思います。

なので、ひとまず原因を探るためにGoogle Analiticsを開いたのですが、おかしな点は見当たらず。

例えば同じIPからの異常アクセスだったり、検索以外からの流入が異常に多かったりしたらわかったのですが、特にそういう感じはないです。

私はSNSでブログのことを広めたりしていないので、変に適当に踏まれてくるというのは早々ありえません。強いてそういうのを上げるなら、私がGitHubで説明ページをリンクしているので、それもあるかもしれません。

とはいえ、そのGitHubのページもさして人気のページとは言えません。すごいニッチなツールなので、

それ以外だとWordpressのプレビュー機能で広告が表示されていたとかそういうのがあるんでしょうか。広告ブロックをしてみているのでそういうのもないとおもうんですが…プレビューを見るだけでダメなんてこともないと思うんですけどね。

本当に何が原因なのか。わかりません。

他に同じようなユーザーがいないか探す

多分、この手のネタはインターネットで情報を出している人がいるだろうと思って調べました。すると、いらっしゃいました。

ですが、検索には「無効なトラフィック」のパターンばかりで参考にならない場合が多かったです。

というか、調べていると、どうもこの「評価中のアカウント」というのは最近送られ始めた通知である可能性が高いです。この手のことを書いているのが必ずここ1年以内なんですよね。

そして、同様の症状自体がが出始めたのが2年ぐらい前からのようです。内容としては通知もなしに突然AdSenseの広告配信が止まったということ。

以下のGoogleのコミュニティで言及されています。

https://support.google.com/adsense/thread/6756688/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%8C%E7%AA%81%E7%84%B6%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F?hl=ja

おそらくこの配信制限のもとはここら辺の話である可能性が高いです。

割と同じような方がいらっしゃるようですね。

簡単にまとめると、SNSなどから記事内容に興味がないのにアクセスするなどいった、低品質なトラフィックが多い場合に起こるのではないかということらしいです。

正直、後々問題なかったという方が多いので答えが何なのかはさっぱりわからないんですよね。

制限される期間は?

これに関しては「無効なトラフィック」問題と同じで、30日以内、長ければそれ以上という方が多いみたいです。人によって開始される期間がまちまちというのも一緒みたいです。

前に私が「無効なトラフィック」の問題でペナルティを受けたときは、30日以上かかったのは覚えています。

ちなみに私が制限を受けたのは9月17日で、解除されたのが10月19日でした。

今回も結局30日以上待たされました。1か月分の機会損失は多いですよね…

何も悪いことをした記憶がないだけに悲しいですね。弱小ブログだけに、Adsenseが使えないとほぼ収益がないので痛いです。

制限される広告の量は?

広告の量がどれくらい制限されるのかというと、ほぼ表示されなくなるレベルです。あくまで、これは私の場合なので、他の人だと違うのかもしれません。

感覚的には、「無効なトラフィック」と同じようなレベルで制限を受けているので収益的にはほぼなくなると思っていただいて問題ありません。

私のアクセス量だとほぼ0円の日が続き、時間がたつにつれてたまに1円の日があり、ごくまれに数十円レベルで入っていることがあったりした程度で、ブログの収益をあてにしていたという人には致命的なレベルで収益は下がります。

たまに大きな金額が入っていることからも、広告が表示されていないわけではないと思うのですが、非常に配信される数が少なくなるというのが現実です。

今回の広告制限の原因は

最初にきっぱり申し上げると、原因はわかりません

同様の症状の人や意見を見るにサイト流入のトラフィックの質が悪い可能性があるというのが大方の意見みたいです。

ですが、私のサイトは90%程度が検索からの流入なので全く問題はないはずなんですよね。

じゃあ、他に最近何をしたのかと言われたら特にこれと言ってしていません。別に何かを更新したりしたわけでもありません。強いて言うなら、夏の間は時間があったのでいつもより記事を多めに書いたぐらいですね。それに問題があるとは思えないんですがね。

トラフィックにも問題がないということは、サイトの品質的な問題なのではといったところでしょうか。私的にはAdSenseを導入できるようになって1年ほどたち、記事内容的にも問題ないと思っていただけに少しショックです。まあ、Googleが答えを教えてくれるわけではないので予想でしかありませんが。

まあ、この判定を行っているのも人ではなくてAIだと思うので、誤判定の可能性も大いにあるわけです。そのための「評価中のアカウント」ということなのでしょう。

もう制限をくらっている以上は対処のしようがありませんしね。

制限中にやれること

AdSenseのページに書いてある通り何もありません。しっかり記事を更新しておくぐらいでしょう。今までの自分を顧みて問題のある記事がなかったかなど、反省の機会を設けるのも良いかもしれませんね。

私にできるのは同じような通知をもらった方のために情報を残しておくくらいですね。わからないことがあったら聞いてくれればお答えできることもあるかもしれません。

まとめ

制限をすでにくらってしまった以上今打てる手は何もありません。

そして、何が問題であったかも正直検討がつきません、それっぽい理由や同様の理由で制限がかかった人がいるまでは良かったのですが、全員が口を揃えて明確な理由がわからない、そしてかくいう筆者もわからないです。

ただ、これは広告配信制限になってしまい、復旧までどれくらいだったか、何をしていたか、理由の足ががかりとなりそうなページを紹介できるにとどまります。

この問題に関しては当分答えは出てこないでしょう。「無効なトラフィック」のようにわかる証拠があるわけでもないので、こちらが打てる手もなく、ただ待つしかありません。

情報共有としてみていただければと思います。

以上です。お読みいただきありがとうございました。

投稿日:
カテゴリー: 雑記

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です