日本語配列の自作キーボード「TH60JP」の紹介と販売開始のお知らせ

以前に「TH60JP」という自分の思い描く日本語配列を実現するための自作キーボードについてアンケートや市場調査を行いました。

このアンケートの結果によると、購入したい方が少しはいるということがわかりました。多数であれば何も考えず販売できたのですが、様々な可能性を考慮した結果、仕様を変更して販売することになりました。

このTH60JPのコンセプトとモチベーションはこちらです。

  • 日本語のためのキーボード
  • 初めての自作キーボードとして手に取ってもらえること
  • 日本の自作キーボードのスタンダードを目指して
  • マルチレイアウト対応で気に入った配列にしやすい
  • ケースにもこだわれる!60%汎用ケースに対応
  • 日本語のPBTキーキャップが使いたい!

こんなモチベーションとコンセプトで設計しました。私が初めて自作キーボードをしたのも今年の話ですが、その際に日本語歯配列について調べて驚きました。

そもそも日本語配列にこだわったものが少なかったり、対応したものは異常にホットスワップにこだわるあまり、レイアウトの自由度が全くなかったりして、思っていたようなものが作れませんでした。また、汎用ケースで使えるものが少なったことや、なにより自作キーボードならPBTキーキャップを使いたいところですが、それに完全対応したPCBがありませんでした。ならば作ってしまおうということで生まれたのがこの「TH60JP」です。

上記の特徴と同じ部分もありますが、TH60JPは以下のような特徴を持ちます。最初の告知からの変更点には打ち消し線を入れています。

  • 標準的な配列の60%日本語配列のキーボードを組める
  • CHERRY MX互換スイッチに対応
  • スイッチははんだ付け(ホットスワップ非対応)
    • マルチレイアウトだと困難なため
    • マルチレイアウト用トッププレートとの固定力の兼ね合いもある
  • 一般的なPokerやGH60互換の60%キーボードのケースに対応
    • プラケースは干渉するため、スペーサーを同梱して対応可能に
  • QMKによるプログラマブルなデバイス
  • マイコンにはSTM32F303CBT系(CBT6でほぼ決定)STM32F103C8T6を採用
    • PCB上に実装済みのため、Pro Microのような別デバイスのマイコンは不要
  • スイッチのみはんだ付け、他はケース固定のねじぐらい
  • 販売時にはトッププレートが付属
    • 2U、2.25U左シフト用のもの
    • FR-4素材(アルミだとさらなるコスト高…)
    • アルミ製のみ(おまけという扱い)
  • ワイヤーも同梱
    • 4.5Uと4.25U用のもの
    • ハンドメイド品の予定なので品質的にはおまけ程度
  • 価格はトッププレート2枚とPCBとスタビライザー用のワイヤーで15,000円程度、ケースも同梱するとなるとプラケースで18,000円程度になる予定1万円になります。(+送料)
  • (動作未確認ですが、LEDも実装すればおそらく使えます。スイッチ側のシングルチップとRGBアンダーグローの両方のパターンはあります。未確認なので、動いたらラッキー程度に思っていてください。)
  • 単色LED、RGBアンダーグロー対応。ただし、部品実装はしていないので必要な部品を実装する必要があります。

以前の告知から変わった部分がいくつかあります(線が引いてある部分が変更点です)。

まず、搭載するMCUはSTM32F103C8T6になります。これは、部品のコストと持たせられる機能を総合的に踏まえた結果変更となりました。

STM32F103C8T6を採用

同梱するプレートは1.6mmのアルミプレートとなります。全部の配列に対応するためには、最下段がスカスカになるため、打鍵感にこだわったものを作ろうと思うとアルミ素材にせざるを得ませんでした。しかし、レーザー加工でまともなものを作製するとコストが跳ね上がってしまうことや、気に入った配列は専用プレートをご自身で作製したほうが打鍵感がいいことから、おまけとして品質は保証しない代わりにアルミプレートを同梱しました。というのも、品質の都合上、安価に用意するとなると傷や塗装部分の剥がれがあるものが多くなってしまうためです。

傷、塗装浮きの例

このような場合でも、おまけということでご理解いただければと思います。これ以上コストが上がってしまうとあまりに手に取ってもらいにくい価格になってしまうため、全体のコストを大きく下げるためにこのような選択となりました。

当初の価格よりは5000円以上は落とせているので、その金額で購入したいと思っていた方は専用プレートを作製できるくらいのコストは浮いていると思うので差額で専用プレートを作ってもらえたら良いかと。なお、アルミという点では変わらないため、打鍵感や剛性感は悪くありません。綺麗なだけでスイッチが外れまくって組み立てにく過ぎるアクリルプレートよりはマシだと判断しました。

アクリルプレートでも試作していましたが…

これらの変更によって機能を損なうことなく、価格を大幅に下げています。また、ケースも同梱版を用意せず、干渉するケースの対策としてスペーサーを同梱することで多種のケースに対応します。

スペーサー、ネジ類

RGBアンダーグローLEDや各キーの単色LEDはパターンのみ用意しましたが、部品実装は各自でお願いします。必要な部品はそれぞれ以下のようになっています。

RGBアンダーグロー個数
WS2812B16
適当なワイヤー:2cm(ホッチキスの針でも代用可)1
RGBアンダーグローに必要な部品
LEDバックライト個数
FMMT493TA1
0603(1608)470Ω抵抗1
0603(1608)560Ω抵抗71
LEDバックライトに必要な部品

WS2812B以外は適当な部品を実装すれば動くかと思いますが、私が動作確認したのは上記の部品です。ワイヤーはなぜ必要なのか?と思われるかもしれませんが、RGBアンダーグローの実装のデバッグ用にある端子を短絡しないと機能しないようにしていたためです。

対応する配列は以下の配列になっています。キーマップは反映していません。こちらに変更はありませんが、FILCOの4.5Uを使うレイアウトだけ注意があります。下の写真だとオレンジの配列ですね。

TH60JP配列

ある部分で丁度汎用60%ケース用のねじ止めの穴と被る部分があります。ケースの都合で避けれる場合もあるかと思いますが、樹脂ケースだと避けられませんでした。

FILCOの配列だとねじ止めできない可能性

他の部分はねじ止めができるので、どうしてもFILCOの配列を使う場合はここだけねじ止めをしないか、使えるケースを探すかになります。近い配列のCORSAIRのキーキャップを使った場合はギリギリ干渉しないかと思います(太いドライバーは使えませんが…)。

CORSAIRの場合

多数の配列に対応するため、表記にない配列でも動く可能性はあります。例えば、左2Uシフトレイアウトであっても左0.25U分を開けて1.75Uの左シフトを実装することもできます。

1.75U左シフトを2U左シフト配列に実装した例

このようなものは言い出すとキリが無くなるので、公式にはサポートしないというスタンスにさせていただきます。

また、4.25Uと4.5Uのスペースバーを使うにあたっては、同梱するワイヤーを利用することでスタビライザーを使用できます。しかし、おまけ程度に考えてください。全てのスタビライザーに適合するとは限りません。径は1.6mmの物を利用していますので、対応したものを別途ご用意ください。動作については、こちらでも確認していますが、スムーズに動かない可能性もあります。動きが悪い可能性についてはおまけなので保証しないというスタンスにさせていただきます。

ワイヤーを別途作成される場合は、1.5mmのアルミ製ワイヤーでも適合する部品を作製し、使用できることを確認しています。私は以下の製品を利用して確認しました。

というような特徴に変更になっています。

最後に実際に作製したプロトタイプの写真を掲載しておきます。

製品版プロトタイプの写真1
CORSAIR PBT DOUBLE-SHOT PRO(ホワイト)を使用
製品版プロトタイプの写真2
製品版プロトタイプの写真3
下に見えている基板は白ですが、製品版は黒です。
プレートの色は艶消しの黒でアルミとなります。

ある程度仕様が変わったのと時間がかかったので要らないという方もいるかもしれませんが、とりあえず販売することとなりました。在庫限りの販売予定です。

(追記:2023/01/25)想定よりも早く完売してしまったので、再生産を検討しています。BOOTHの入荷通知やいいねを押しておいていただけるとモチベになるので作るかもしれません。入荷リクエストの数によっては数量限定ではなく、定番品として常にストックすることも検討します。

販売ページはこちらです。

https://thun.booth.pm/items/4392485

以上です。お読みいただきありがとうございました。

2件のコメント

  1. こんにちは!
    このページにある「製品版プロトタイプの写真」の配列は、
    コンパクトさを重視’カーソルキーを多用する自分にとって、
    まさに理想的な配列です。
    (最近自作をはじめたもので、
     こちらのキーボードを初めて拝見したときには、売り切れていました)

    再入荷した際には、仕事用・私用で利用したく、
    ぜひ購入させていただきたいと思っています。

    ご無理のない範囲で、今後とも楽しみにしています...!

    1. コメントありがとうございます。

      自分で作ったものを評価いていただくというのは大変嬉しいことです。
      実は思いのほか入荷待ちリクエストが入っているので、次ロットもかなり前向きに考えています。
      スタビライザー用のワイヤーの品質を考えるとそんなに数を作れるものではないのですが、次ロットが販売されたときには是非ともよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です