BLUE PRPTOCOLのサーバー負荷テスト終了!振り返りと気になったこと

BLUE PROTOCOLのサーバー負荷テストが終了しました。参加した皆様はお疲れ様でした。今後のBLUE PROTOCOLがどう動いていくのかが楽しみですね!ほんの短い時間でしたが私は楽しいと思いましたし。なので今回はこんな風にテストしてましたよっていうことで振り返りを備忘録として残しておきます。

目次

実行環境

私の今回サーバー負荷テストに参加したPCのスペックはこんな感じになっています。

  • Ryzen 9 3900X
  • X570 taichi
  • RX570 8GB
  • DDR4 2133 64GB(16x4)
  • Windows 10 Pro

クライアントは通常のDX12版を用いました。画質のプリセットは「最高画質」を選択しました。は詳しい方だとメモリクロック低すぎじゃない?と思われるかもしれませんが、前にBIOSの更新をした際に前に設定していたタイミングで動作しなくなって面倒なのでチューニングせずに使い続けていたためです。別にこれくらいの負荷のゲームとFPSならそんなに変わらないだろうということでこのままです。

変更になったテストスケジュール

最初にアクセス障害が発生してしまいました。大体19:23分ぐらいだったと思います。そのときにぱっと書いた記事は以下です。気になる方はどうぞ。

そのためテストスケジュールが大幅に変更になりました。そのスケジュールはこんな感じです。

20:30 - 20:50マッチング負荷テスト1回目  神懸の御柱・追加調査
20:50 - 21:00マッチング負荷テスト1回目終了 / 2回目のテスト準備
21:00 - 21:20マッチング負荷テスト2回目 巨竜の爪痕・上級調査
21:20 - 21:30マッチング負荷テスト2回目終了 / 3回目のテスト準備
21:30 - 21:50マッチング負荷テスト3回目 闘技場・ランクB
21:50 - 22:00マッチング負荷テスト3回目終了 / 4回目のテスト準備
22:00 - 22:20マッチング負荷テスト4回目 虚空の浮島(レイドバトル)
22:20 -22:30マッチング負荷テスト4回目終了 / チャットテストの準備
22:30 - 22:59チャットテスト時間
23:00マッチング負荷テスト終了 / サーバークローズ
サーバー負荷テストのスケジュール

これに従ってテストを行いました。

CBTのときからのシステムに変化はなかった

前に公式生放送でも語られていた通り、仕様に変更はほぼなかったと思います。触れた範囲じゃ違いがわかりませんでした。

最初の画面

この最初のゲームスタート時の画面も左下に「β」と書いていますが、この絵面自体はCBTの時と全く一緒でほぼクライアントも使いまわしだったのでしょう。CBTのクライアントに制限をかけたような形になりますという言葉に偽りはなかったですね。個人的にはこのデザインは結構気に入っています。すいません、どうでもよかったですね。

UIも全くCBTのときと変わらず

スキルやUI、イマジンなども変更はありませんでした。サーバーの負荷テストなので仕方ないですね。レベルはお知らせ通りレベルは25スタートです。

余談ですが、CBTのときは男キャラでやったのですが、今回は女キャラでプレイしました。

前回は男キャラ

この画像の中央にいる男キャラが私のCBTのアバターでした。当然ながらキャラクリもCBTと変わりはありませんでした。個人的にはツイッターで紹介されていた新しい機能を用いてキャラクリしてみたかったなぁっていうのが本音です。

CBTと変わらぬキャラクリ

かわいいと思ったキャラが作れるのがいいですね。男キャラって結構作成が難しかった気がするのですが、女キャラは割と思った通りとはいかないまでも割と満足できるぐらいにはかわいくキャラクリができました。これがさらに自由度が広がるとなると正式サービスが楽しみですね。

システムは一言で言えばまるまるCBTです。運悪く前回参加できなかった方は新しいことばかりだっと思いますが、CBTに参加した方だと前と変わらないから少しがっかりというのが正直なところでしょうか。

マッチング問題は…

先に結論を書くとマッチング問題は解決していたと思います。ただ、CBTのときもそうでしたが、何回かやっていると失敗したりということがあったので、一番マッチングがひどかったレイドに関しては1回しかできていないので確実に解消できているかは正確には不明です。これは今後公開されるであろうフィードバックレポートなどで全体として問題がないかが発表されると思うので楽しみにしておきましょう。

前にあった人数上足りているはずなのにダンジョン・レイドに突入できないということは今回はありませんでした。

ここから進まないことが多かったCBT

この5/6人突入からが進まなくてダメだったことがCBTでは多発していましたが、今回はそういうのはなく新しいマッチングシステムは問題なかったといえるでしょう。マッチングが遅いなどもなく快適にプレイできました。

チャットについて

これに関しても問題はなかったと思います。スタンプを送信したりで、厳密にいつ送信されているかはわからないので実際のとこりチャットの激しいところで遅延が起きていたかどうかは運営のみぞ知るというところでしょうか。文字を打って画面に表示されていれば大丈夫なのであれば遅延はなかったといえるでしょう。

今回は友人とパーティを組んで雑談をしていましたがこれと言って遅延を感じることもなくといった感じでした。

チャット関係の余談ですが、NGワードが少しだけ緩めかなと印象を受けました。他のゲームってがちがちに固めすぎていて、ゲームでよく言うような言い回しができなかったりするのですが、BLUE PROTOCOLではそういうこともなさそうです。個人的には自由が適度に効くいいチャットだと思います。

少し「くすっ」となったのがファックスと打ったら先頭4文字が「*」に変換されたことですね。まあ一律排除しないといちいち文脈の精査なんてしてたらサーバーに負荷がかかるのでしないでいいと思いますが。

その他気になったところ

気になったところはCBTから変わらずといった感じではありますが、やっぱり町の密集地帯は重いですね。RX570 8GBで30FPSを切るぐらいですし。推奨環境であるRX580だってRX570の少し上という感じなので推奨環境で60FPSなんて程遠い感じですね。

激重のレイドでは16.99FPSの表示

まあ重いのはCBTから変わらずですし、今更という感じではありますね。というかこのゲーム自体はきれいなグラフィックを売りにしているので軽くするために画質を下げるとかはやめてほしいです。それならゲームの設定で個人で下げろって感じですしね。私は重くてもきれいなグラフィックでやりたいからFPSを犠牲にするプレイスタイルなだけです。

今回も重いところではがくがくでしたから、正式サービスまでにはRX570からRX6800XTあたりに変えたいですね。人が少ないところだったり過剰なエフェクトさえ出ていなったらRX570は結構快適です。VRAM 4GB版ではきついと思いますが。

と、画質についてのくだりはいいんですが、一番気になったこととしてCBTの時よりも動作が不安定になった気がしますCBTでは一度も発生しなかったエラーが発生しました

私の友人のPCも少しスペック不足だったとはいえ時々クライアントが落ちたりPCが操作を受け付けなくなったとのこと。

私の場合は突然ブルプロが固まり動かないなーと思ったら「ビデオドライバーがリセットされました~」みたいなエラーがブルプロのクライアントから出て、もう一度BLUE PROTOCOLを立ち上げたところブルースクリーンが発生してしまいました。

まさかのブルースクリーン

発生原因は定かではありませんが、BLUE PROTOCOLのせいであることは間違いないと思います。パソコンを組み替えてオーバークロックのとき以外はブルースクリーンを見ていないので通常の稼働では一切問題なかったはずなので。クラフトピアのようなGPUをしっかり使い切るゲームをやっても問題なかったのでおそらくどこかに致命的なエラーにつながるバグが残っている可能性がありそうです。

PCのスペック的にはグラボだけが力不足という感じなので考えられる原因ならグラボぐらいなので温度や使用率を監視してみましたが、VRAMも大体5GB程度使用で安定、使用率は100%張り付きなものの温度は80℃程度なので正常動作には問題はないはずです。

さてクライアント自体はCBTからいじっていないと仮定すると、CBTのときから潜在的に存在していたバグである可能性は高いと思います。ただダンジョンに潜っているときだったのでサーバー関係の設定を変えたせいで例外がスローされて、それでメモリの開放がうまくいかないままおかしくなってしまったなど色々考えられはします。もしかしたらグラフィックドライバかもしれませんしね。

ここらへんはデバッグに記すとして、今後の改善に要期待ですが、サーバーの改善でブルースクリーンに至ってしまうようなエラーが発現してしまったのであれば少し不安ですね。

まとめ

以上サーバー負荷テストの感想でした。マッチングのシステムには改善がみられて、生放送を聞いている限り結構開発も進んでいるようなのでこの部分が改善したら正式サービス開始も近くなってくるのかなぁと思っています。

CBTのときとシステムが変わっていないのでそこら辺の不満はそのままですが、|CBTのときには発生しなかったエラーが発生したのは少し気になります。今後の開発に期待しましょう。

最後に今回作ったキャラのスクショでも載せておきますね。

サーバー負荷テスト時のキャラ

この記事は以上です。お読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です