PX-W3PE4やPX-MLT5PE/MLT8PEなどを外付け化する方法。手順、必要な物、メリットなどを紹介

DTVの世界において色んなチューナーを試してみたくなるのは自然なことではありますが、それに合わせて色々なことをしたくなるものです。

この記事を執筆する理由ですが、私が環境を構築する際に備忘録次いでに作成した以下のページなのですが、これでさらっと外付けしてますなんてやっていて、言葉では書いていますが「結局何を用意すればいいかわからない」ということでこの記事を書いてみることにしました。

あとは、現状私はPX-W3PE4を使っているのですが、引っ越しを機にPX-MLT5PEへの乗り換えを検討しているからですね。PX-W3PE4ではほぼドロップがないので、PX-ML5PEに乗り換えてもドロップがほぼなければ満足ですね。

では、解説していきます。今回はPX-W3PE4基準で説明を行いますが基本的に同じ方法でいけるものばかりです。USBの使用ポート数によっては一部配線が異なるぐらいになると思います。

目次

やりたいこと

本来はPCIEx用のPC用TVチューナーPX-W3PE4/Q3PE4や、PX-MLT5PE/MLT8PEを外付けにしてUSBを接続するだけでつなげるようにするのを目的とします。

用はPCIEx用のボードをUSBで使えるようにしようということですね。ただし、このカードは他のGPUなどとは違い、元から内部ではUSB通信を行っているので、単体で電源などがなんとかなれば動くはずで、見通し的にもそんなに難しくはないですね。

余談ですが、GPUなどのPCIEx専用アイテムをUSBに変換するというのは基本的に不可能です。逆にUSBを使用するアイテムの内臓化するだとか、PCIExで使えるようにするのはそんなに難しいことではなかったりします。

注意点

あくまで、今回紹介する方法は内部でUSBケーブルを介して接続するタイプに対しての紹介になるので、最近発売された、PCIExで内部的にはUSB接続しているもののケーブルが不要な、PX-W3PE5ではこの方法は使えません。

逆にどのチューナーが使えるかは対応するチューナーの項で紹介するのでそちらをご覧ください。

なぜ外付け化をしたのか

私が以前に紹介しているこちらの記事ではPX-W3PE4を使用しています。

この記事で書いてある通りPX-W3PE4を外付け化する意義は基本在りません。なんせ、PX-W3PE4をUSB接続で使えるようにしたのがPX-W3U4ですからね。新規に買うなら後者を購入すればよいだけです。

では、なぜ私がPX-W3PE4を外付けしているかというと、Windows環境でかつて使っていたもののドロップがどうしても発生してしまうのと、電気代や実験的な意味合いをこめてRapberry Piで録画サーバを作ろうと思ったからですね。

前からPX-W3PE4を所持していてシステムの都合でどうしても外付け化する必要があるという方の向けのとてもニッチな内容…だったはずです。

ですが、最近はPX-MLT5PEというUHF/BS/CSの複合チューナーを5つも搭載したPCIEx用の万能機が登場しました。それ以外にも同様の複合チューナーを持つPX-MLT8PEも登場しました。

このPX-MLT5PEやPX-MLT8PEはPX-W3PE4などと同じく内部ではUSB接続を行うタイプなので、同様の方法で外付け化を行うことができるはずです。

これもPX-W3U4みたいに外付け化したモデルが登場するのかと思いきや、発売からしばらくしてもシンプルなUSB接続方式の製品が登場しません。登場するとわかっていたら待つのですが、待っていても出る気配がありません。

これほど便利そうなチューナーを使いたい、だけどPCIExスロットがない/使えない/使いたくないという方も多いはずなのです。

かくいう私もその一人で、このPX-MLT5PEをRaspberry Piに導入したい(USB接続で使いたい)というのが外付け化をする意義ですね。

本来なら、PX-W3PE4/Q3PE4向けだけという誰得すぎる記事にしかならなそうだったので書かなかったのですが、今回は私自身がPX-MLT5PEに換装したいと思ったのと、PX-MLT5PEやPX-MLT8PEによって需要が増えそうな感じがしたので、記事を書くことにしました。

必要な物

必要なものは以下になっています。

この4つが最低でも必要になります。他に必要に応じて購入すればいいかと思うのが、以下の物でしょうか。

ここら辺があれば外付け化ができます。上記3つは必要に応じてという形になるので、必ずではないですが、あったほうが安定運用や安心して使うことができるのであったらおすすめです。ケースに関してはいつか3Dプリンターで製造できるような図面を作って公開できたらいいなと思っています。

カードリーダーについては私のようにWindowsからLinuxにする場合は内臓カードリーダーが使えないので別で用意する必要があります。これは細かくは説明しません。NTTのなら大体使えると思います。

さて、部品について詳しく順番に紹介していきますが、チューナーに関しては対応するチューナーの項をご覧ください。他の部品を紹介していきます。

ライザーカード

電源供給ができるライザーカードというのは、本来PCIEx用のライザーカードのことを指します。マイニングなんかで使われるやつですね。

マイニングなどで使われるライザーカード

これがチューナーに電源を供給するための基盤になります。本来はPCIExスロットから電源をもらっているのですが、これに電源を供給することで電源の代わりにするというものです。

最近は、マイニング需要もあってAmazonでも販売されています。逆にマイニング需要がない時はあまり販売されていなかったり割高だっりするので、ある意味で時期がいいともいえるかもしれません。

私が初めて外付け化をしたのはもう3年以上も昔なので、ライザーカードの型も古いのですが、最新のものだとこれですね。Amazonのマケプレ業者仕入れなのですぐに在庫がなくなってしまいそうですが、一応紹介しておきます。

チューナ用の電源

次に上記のライザーカードと関係のあるものですが、ライザーカードの電源となる、チューナ用の電源ですね。

これは、上述のライザーカードによって少し買うものが変わります。というのも、これはライザーカードの電源供給端子が何が使えるかによって変わってくるからです。

とはいえ、ライザーカードにはSATAからライザーカードの電源形状に変換するケーブルがついていることが殆どなので、私が今回紹介するHDD用の電源を変えばほぼ間違いなく行けると思います。

例えば、私が先ほど紹介したライザーカードだと、珍しく3系統も電源を供給できる場所がありますが、使える端子がPCIEx用補助電源6pinか、ペリフェラル4pinのどちらかです。ものによってはSATA電源のものもあります。なので、場合によっては購入する電源はライザーカードに合う形状のものが便利かもしれません。

ですが、現実的にはPCIEx用のAC電源はそんなに販売されていないので、ペリフェラル4pinかSATA電源端子のどちらかになると思います。

現在使用している電源

ちなみに私が使っているのはこちらの製品です。結構昔から販売されている製品で安心感もあります。正直選択肢もあまりないので使うならこれがおすすめですね。ペリフェラルとSATA両方が使えるので非常に使い勝手の良い電源です。

ピンヘッダをUSB端子に変えるケーブル

この言い回しが日本語的にあっているかは自身がありませんが、PX-W3PE4などは内部でUSBピンヘッダに接続する形式になっています。

なので、これを普通のUSB端子の形状に変えてしまいたいので、そのためのケーブルということですね。これはなかなかニッチなケーブルに部類されるので、あまり種類がありません。大手だと2社しか出していないかと思います。ですが、思わぬ落とし穴があるそうなので、私が使っている方のケーブル買うのをおすすめします。

AINEXのピンヘッダ変換ケーブル

私が使っているのはこちらです。AINEX製なので、品質も文句はありません。低品質のUSBケーブルでドロップを誘発するなんてあってほしくないと思うので、このケーブルは信用できるメーカー製を使いたいですね。

落とし穴というのが、もう一つの製品のこちらです。サンワサプライ製です。

これサンワサプライ製なのでしっかりしているのかと思いきやそうでもないそうです。値段も安いのでこっちに飛びつきたくなる気持ちもわかります。ですが、これはピンヘッダの部分の長さが短いために今回の用途では使えないそうです。なので、お値段は少し高いですが上述のAINEX製の製品を使うようにしましょう。

ケースになるもの

3Dプリンターで印刷できる図面をもし作成したらここに掲載します。実際設計するかどうかは気分次第です。

では、現状私がどうしているのかというとダイソーで販売されているワイヤーネットを適当に加工して使っています。なかなか適当に使っています。

ダイソーのワイヤーネットを適当に加工

加工にはパイプカッターとケーブルカッターを使いました。細いですし好きな方法で加工したらよいと思います。

ファンとケーブル

これはチューナを冷却するファンのことですね。PX-W3U4などの元からUSBタイプの製品にはファンがついています。

ただ、PCIEx接続のものはどれもファンが付いておらずPCケースのファンによる空気の流れをあてにしているのかは不明です。

なので、熱で壊れることを心配するぐらいならファンの一つぐらいは付けておいたら良いと思います。

これはできればチューナ用の電源からファンの電源を取りたいところです。なので、私が紹介したような製品を使うのであれば、ペリフェラル4ピンのものを用意すると他にケーブルを用意しなくても良いのでお勧めです。

私は当初何も考えていなかったため、ペリフェラル端子からファンコネクタ変換するケーブルを使ってしまいましたが、実際のところは構成によっては不要です。もし同じような構成にどうしてもしたいなら以下のような製品で同様の構成にしたら良いと思います。

ペリフェラル分岐ケーブル

ペリフェラル分岐ケーブルにさらにペリフェラルからファン用の3ピンに変換するケーブルを使います。以下のようなやつですね。

ペリフェラルからファン端子変換ケーブル

この二つを組み合わせてファンを動作するようにします。しかし、実際のところ、ファンにもものによってはペリフェラル端子で動くものが存在していて、ペリフェラル端子は連結することができるので、ペリフェラル端子がついているファンを利用するなら分岐ケーブルは不要ということです。

私の構成ではファンを二つ使っているのですが、そうする場合はファン端子分岐ケーブルがあっても良いかもしれませんね。

私が実際に使った部品は以下の製品です。

はじめに、ペリフェラルを分岐させるケーブルです。

以下のはペリフェラル端子からファン3pinに変換する分岐ケーブルです。

最後にこれが、ペリフェラル端子も付いているファンの例です。探せば他にもあると思いますが、一番これがメーカー的にも無難な気がします。変にうるさいわけでもありません。

色々つけるならこれだけケーブル類がいりますよっていうのでわかりにくくなってしまっているとは思います。なので、もう一度まとめておくと、ファンをいくつか使うなら分岐ケーブルはあったほうがいいですし、一つでいいならペリフェラル端子付きのファンがいいと思います。

対応するチューナー

基本的にはPLEX社の内部でUSB接続するチューナーです。全て試したわけではないですが、同様の方法で外付け化が可能なはずです。

  • PX-W3PE4 (地デジ:2ch , BS/CS:2ch)
  • PX-Q3PE4 (地デジ:4ch , BS/CS:4ch)
  • PX-MLT5PE (地デジ/BS/CS:5ch)
  • PX-MLT8PE (地デジ/BS/CS:8ch)

これらのチューナーは台湾のDigibestが設計を行っているのですが、同じDigibest設計の物が他にも日本では出回っています。それがe-better社が販売する内部USB接続PCIExチューナーです。

  • DTV02A-4TS-P ((地デジ/BS/CS:4ch))
  • DTV02-5T-Pv (地デジ:5ch)
    生産終了

DTV02A-4TS-Pなんて構造的にPX-MLT5PEのチューナーを一つ削っただけですからね。ここまで手抜きもいかがなものかと思ってしまいます。

余談はさておき、記事を書いている現状であればここら辺のチューナーが今回の方法が使えます。

ちなみに最初の方で書いていますが、一応もう一度大事なので書いておくと、PX-W3PE4の後継機のPX-W3PE5はPCIExでUSB信号を流すようになったので今回の方法は使用できません。

手順

手順と題しましたが大したことはしません。

まず、ライザーカードにチューナーを取り付けましょう。次に、ライザーカードへの給電となるペリフェラルなり、PCIEx用補助ピンをさしましょう。

とりあえず形にする

私と同じような配線にするなら、タイムリーのAC電源はペリフェラルからSATAへの変換になっているので、先にペリフェラルを分岐させてファンの電源を確保したら良いと思います。分岐させた一方をSATA電源に変換するほうへ、もう一方はファン用ですね。

あとはライザーカード付属のSATAから電源に変換するケーブルを使えば配線は終了です。

SATA to PCIEx補助電源。このSATAに電源を供給

これにUSBケーブルを接続します。もしかしたら悩む方がいるかもしれないので、しっかり説明しておきます。手順はPX-W3PE4のものなので、一部デバイスでは違う可能性があります。おそらくPX-MLT8PEはUSB2ポート分必要だと思うので配線も異なっているはずです。

端子の形状

まず、チューナから生えている端子の方を見ると、穴が9個ありますね。白いところは埋まっています。本来マザーボードにさすものですが、このマザーボードの端子の上下左右判定のために1pin空いているところの部分です。この配線されている側を見てみましょう。

配線側

これを見ての通り9つある穴のうち、4本分しか使われていません。これは表から見たときの白い穴がある方の4つの穴に相当します。そして、これにAINEX製のピンヘッダ変換ケーブルを挿していきます。

ピンヘッダを接続

この接続する向きは、チューナー側から出ている配線の色と合わせましょう。赤なら赤が向いにくるように配線すればOKです。

上からみた図

上からみるとこんな感じですね。白い穴があるラインに挿してます。ていうか、配線がつながるように接続できていれば大丈夫です。

そして全部配線した結果の完成図はこんな感じです。

ファンのところが汚いですが、まあここら辺はどうしても配線が多いので仕方ないですね。

紹介はしていませんが、ファンの固定どうしているの?ってなるかもしれませんが、これはモールで止めています。とても適当ですが、きっちり止めておけば振動しないですし、結構しっかりつくので馬鹿にできません。しっかり付けたければダイソーでグルーガンでも購入してグルで接着させればいいかもしれませんね。面倒なので私はしませんでしたが。

使い方

非常に簡単です。機器を接続する前に、ライザーカードへ電源を供給してデバイスが動くようにしておきましょう。私がおすすめしているAC電源にはスイッチがあるので忘れずにONにしましょう。この状態でUSBポートに差し込めばデバイスは使用可能です。

私はこの方法や構成で3年間ほどPW-W3PE4を使用しましたが問題なく使用できています。

3年間の綿埃

掃除しなかったのかって?はい、面倒で一切掃除はしませんでした。ブログに上げるためだけに掃除しました。これほど埃まみれになってまで使っていたのですが故障も問題もなく使えていました。割と耐久性や信用はできますね。

ドロップとかはLinux環境に変えたのもあってか基本的に雨の日以外はなかったですね。安定もしていました。

まとめ

必要な部品さえわかっていれば比較的簡単にPCIEx用内部USB接続のチューナーは外付け化が可能です。

PX-W3PE4やQ3PE4は外付け化す意義はほとんどありませんが、現状PLEXが外付けUSB接続版を出していないPX-MLT5PEを使用する場合などは非常に有効で、知りたいという方もいるのではないかと思い記事にしました。

まあ私はMLT5PEを買おうと思ったいたんですが、引っ越した新居でBSが見れないので、MLT5PEは結局買わずCATVのトランスモジュレーション方式の放送を強引に録画することにしたのでこれはまたの機会に紹介します。

しかし、MLT5PEでも今回の方法は使えますので、記事にする価値はあったのではないかと思います。

以上です。お読みいただきありがとうございました。

投稿日:
カテゴリー: DTV

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です